都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

『認知症行方不明者』

山形県版
山形県のグラフとデータを黄色で強調表示します。
トップ > 都道府県データランキング > 認知症行方不明者

2014年中に認知症により行方不明となった人の都道府県別人数と65歳以上人口に対する比率です。全国の警察に2014年中に届け出のあった認知症の行方不明者は10,783人(前年比461人増)で、このうち168人の所在が分からなかったことが、警察庁のまとめで分かりました。男女別の内訳は、男性6,130人、女性4,653人。都道府県別では大阪が1,921人で最多で、兵庫県が1,207人、愛知県が894人で続いています。警察は、家族などから「行方不明者届」を受理し、認知症の不明者を捜索し、不明者の身体的特徴や着衣などの情報をデータベースに登録しています。2014年以前を含めて届け出のあった認知症の行方不明者のうち、2014年中に所在が確認された人は10,848人。内訳は、警察などが発見6,427人、帰宅などで確認3,610人、死亡429人、などでした。全体の97.2%は1週間以内に所在が確認されていますが、確認まで2年を過ぎていた人も73人いました。認知症の行方不明者の集計は2012年から実施し、届け出があったのは2012年が9,607人、2013年が10,322人と年々増えています。
「新型コロナウィルス特設メニュー」
感染発生数、累計感染数、検査件数、死亡者数、実効再生産数 ...
一覧表、分布マップ、推移グラフ、多彩な角度から情報表示 ...
「16枚のマップで見る新型コロナウィルスの最新状況」
最新感染状況を16種類の分析マップで分かりやすく伝えます ...
1週間前、4週間前、8週間前、12週間前のマップも参照できます ...

… スポンサーリンク …

出典:警察庁 2015年6月25日 / 統計局 人口推計(平成26年10月1日現在)


→ 都道府県分布マップへ(塗り分け日本地図でデータを可視化)

一覧表の見出し文字が黄色の部分をクリックすると、データ順 → 都道府県順と、並び順を切り替えて表示します。
都道府県認知症行方不明者【2014年中】65歳以上
推計人口
(千人)
届出数
(人)
65歳以上人口比
(10万人あたり)
1大阪府1,92184.72,267
2兵庫県1,20782.71,460
3京都府44463.3701
4富山県19962.6318
5愛知県89451.71,728
6奈良県18548.3383
7岐阜県26447.4557
徳島県10947.4230
9熊本県23246.0504
10香川県12945.1286
11愛媛県17441.9415
12岡山県21339.4540
13福井県8639.1220
14茨城県29338.9754
15滋賀県11735.2332
16栃木県17134.3498
17群馬県17733.5529
18広島県25733.4769
全国10,78332.733,000
19山形県10832.0338
20福岡県39631.01,279
21石川県9329.7313
22福島県15128.1537
23三重県13326.9495
24新潟県17225.6672
25佐賀県5725.3225
26沖縄県6825.2270
27山口県10724.3441
28鹿児島県11223.4478
29高知県5221.9237
30大分県7120.5347
31秋田県6920.4339
32長野県12119.7615
33埼玉県32918.91,737
34神奈川県37817.92,115
35宮城県10017.5573
36宮崎県5517.2319
37長崎県6616.5401
38山梨県3615.6231
鳥取県2615.6167
40島根県3415.4221
41北海道23215.31,519
42岩手県5715.0380
43静岡県14114.1998
44青森県5313.8383
45千葉県20413.01,571
46和歌山県3712.5296
47東京都2538.43,011

出典:警察庁 2015年6月25日 / 統計局 人口推計(平成26年10月1日現在)

… スポンサーリンク …

特定の都道府県のデータやグラフを黄色で強調表示します。


都道府県市区町村
人口、交通、災害など、多彩なデータを対象に

Copyright(C) 2020 M.Higashide
パソコン表示スマホ表示